高級霊シルバーバーチの役目

私はほぼ3,000年前に霊の世界に来ました。

つまり、3,000年前に死んだのです。

3,000年というとあなたには大変な年数のように思われるかもしれませんが、永遠の時の流れを考えるとわずかなものです。

その間に私も少しばかり勉強しました。

霊の世界へ来て神からの授かりものである資質を発揮していくと、地上と同じ進化の法則に従って進歩していきます。

つまり霊的な階層を一段また一段と向上していきます。

階層という言い方をしましたが、一つ一つが仕切られているわけではありません。

霊的なレベルに差があり、それぞれの階層にはその環境条件にふさわしい者が存在するということです。

霊的に向上進化すると、それまでの階層を後にして次の一段と高い階層へ溶け込んでいきます。

それは、階段が限りなく続く長い長い一本の梯子のようなものです。

そう考えていけば、何百年、あるいは何千年か後には物質界から遠く離れていき、二度と接触する気持ちが起きなくなる段階に至ることは、あなたにも理解できるでしょう。

所詮、地上というところはたいして魅力のある世界ではないのです。

地上の住民から発せられる思念が充満している大気にはおよそ崇高なものは見られません。

腐敗と堕落の雰囲気が大半を占めています。

人間の生活全体を暗い影がおおい、霊の光が届くのはほんの少数の人に限られています。

一度あなたも私たちと同じように、経済問題の生じない世界、お金が何の価値もない世界、物的財産が何の役にも立たない世界、各自があるがままの姿をさらされる世界、唯一の富が霊的な豊かさである世界、唯一の所有物が個性の強さである世界、生存競争も略奪も既得権力もなく、弱者が窮地に追い込まれることもなく、内在する霊的能力がそれまでいかに居眠りをしていても存分に発揮されるようになる世界に一度住まわれたら、地上という世界がいかにむさ苦しく、いかに魅力に乏しい世界であるかがお判りになると思います。

その地上世界を何とかしなければならない

私のようにまだ地上圏へ戻ることのできる程度のスピリットが援助し、これまでに身につけた霊的法則についての知識をいくらかでも教えてあげる必要があることを、私は他の仲間と共に聞かされたのです 。

人生に迷い、生きることに疲れ果てている人類に進むべき方向を示唆し、魂を鼓舞し、悪戦苦闘している難問への解決策を見出させるにはそれしかないということを聞かされたのです。

地上圏に来てまず第一にやらねばならなかったのは、霊媒を探すことでした。

これはどの霊団にとっても一番骨の折れる仕事です。

次にあなた方の言語(英語)を勉強し、生活習慣も知らねばなりませんでした。

あなた方の文明も理解する必要がありました。

次の段階ではこの霊媒の使用方法を学ばなければなりませんでした。

この霊媒の口を借りていくつかの教え、誰にでもわかる簡単なもので、したがってみんなが理解してくれれば地上が一変するはずの真理を説くためです。

同時に私は、そうやって地上圏で働きながらも常に私を派遣した高級霊たちとの連絡を保ち、より立派な叡智(えいち)、より立派な知識、より立派な情報を私が代弁してあげなければなりませんでした。

初めの頃は大いに苦労しました。

今でも決して楽ではありませんが・・・

そのうちに私の働きかけに同調してくれる人が次第に増えてまいりました。

それ以来、私たちの仕事は順調に運び、多くの人々の魂に感動を与えてまりました。

無知の暗闇から抜け出た人が大勢います。

迷信の霧の中からみずからの力で這い出た人が大勢います。

死の目的と生の意味を理解することによって、二度と涙を流さなくなった人が大勢います。