古来、悪いことを予感すると「虫が知らせる」という言い方をしてきました。

この「虫が知らせる」ということを、霊的な視点から見てみると、

「虫の知らせというのは、人の安全を願う霊魂から伝えられる個人的な助言である。

これはまた直感、本能の声と言えるかもしれぬ。

と言うのは、霊は肉体をまとって生まれる前に、自分の新しい人生の概要を知る。

すなわち、自分がこれから経験することになる試練の種類などを知る。

それが際立った性格をもっているとき、内心にその印象を刻み付ける。

この印象である本能の声は、その危機が近づいた時、鮮明となり、虫の知らせとなる。」

霊界通信では世界最大のベストセラーと言われる「霊の書〈上〉―大いなる世界に」より。