健康を増進するのは医学でも医薬でも劇薬でもありません。

不自然なものを体内に注ぎ込むことによって健康にすることはできません。

それは言わば医学的愚行です。

正しい生き方さえしていれば、つまり思念に邪(よこしま)なところがなく、霊と精神と身体とが調和していれば健康でいられるのです。

日常生活のストレスと心労、あるいは利己心や邪心や強欲が生み出す不自然な緊張、こうしたものは物的存在のすべての息の根を止める毒薬です。

(引用:シルバーバーチの霊訓(9)より)