約3,000年以上前に地上を去った霊界からの使者シルバーバーチが、交霊会の参加者に人生の秘訣を教えるくだりです。

ここにお出での皆さんは既にご存知のことですが、あなたにも、ひとつ、人生の秘訣をお教えしましょう。

ドアをノックしても開けてくれない時は無理にこじ開けようとしてはいけません。

軽く押してみるのです。

それでもし開いたら、あなたの進むべき道がそこにあるということです。

閉め切られた道は通れません。

絶対に開かないドアをたたき続けて無駄な時間と労力を浪費している人が多すぎます。

あなたは霊の力がどういう具合に働くかをすでにご存知です。

あなたに必要なものが十分に用意されれば、あとはドアをそっと押してみるだけでよくなります。

それまではどこにいても人のためになることを心がけることです。

手を差しのべるべき人はどこにでもいます。

けっして大げさな催しをする必要はないのです。

悲しみの中にある人にやさしい言葉を掛けてあげるだけでもよろしい。

沈んだ人の肩にそっと手をかけて力づけてあげるだけでもよろしい。

病の人に早く治りますようにと祈りの気持ちを送ってあげるだけでもよろしい。

(引用:シルバーバーチの霊訓(9)より)