他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」というカナダの精神科医エリック・バーンの有名な言葉があります。

自分が影響を及ぼすことができるのは自分だけで、自分を変えることで未来を変えることができるということを意味しています。

この世の真理である因果律(原因と結果の法則)を説明した言葉ということもできます。

現在の自分がおかれている状況は、すべて自分が造り出したものであり、他人や環境のせいではありません。

もし現在の自分の状況が芳しくないとしても、それは決して他人や環境のせいではなく、すべて自分のせいです。

このことを本当に理解できると、生きていくのがとても楽になります。

なぜなら、現在の自分の芳しくない状況が他人や環境に原因があるとするのなら、現在の芳しくない状況を変えることは難しいですが、自分に原因があるなら、自分を変えることでその状況を変えていくことができるからです。

たった今から、善き原因を造り出すことにより、善き結果を招くことができるのです。

では、善き原因と善くない原因とは、どのように区別すればよいのでしょうか。

シルバーバーチの霊訓の中で、シルバーバーチは「動機」が大切であると述べています。

人間には誰しも、心の中に良心というものを具えています。

そして、良心に背くようなことをするときは、良心の呵責を感じるようになっているのです。

誰でも、子どもの頃にいけないことをしようとすると心が「チクリ」と痛むという良心の呵責を感じたことがあると思います。

この良心の呵責を感じるような行為は善くない原因となり、善くない結果を招きます。

自分さえ良ければいいというような利己的な行為や道徳に反する行為などは、善くない状況(悪い結果)を招き、相応の償いをしなければならなくなります。

逆に、他人のため、社会のために行う利他的な行為は、善き状況(善き結果)を招きます。

かつて経営の神様といわれた松下電機産業(現・パナソニック)創業者の松下幸之助氏も、物事が上手くいった時にはいつも皆のおかげと考え、上手くいかなかった時はすべて自分に原因があると考えていたそうです。

他人のため、社会のためにという動機にもとづいた行為は、自然と周囲の支援が得られるようになっているから上手くいくのです。

そして、上手くいったときには皆のおかげと感謝するのです。

これを自分の力でできたのだなどと自惚れると、驕(おご)りが生じて、坂道を転げ落ちるように人生の転落が始まることになります。