今を精一杯生きること

私たちには寿命というものがあります。

この地上で生活できる限られた時間です。

人生100年時代と言われていますが、それは統計上の目安であって、決して私たち全員が100歳まで生きるわけではありません。

60歳で亡くなる人もいれば、120歳まで生きる人もいます。

私たち1人ひとりに寿命があり、この世に生を受ける前には寿命を認識していましたが、この世に生まれてくると寿命を忘れてしまいます。

極端な話、明日事故で死ぬことかもしれないのです。

私たちにできることは、いつ死んでもういいように準備をしておくことです。

毎日を今日が最後という覚悟で生きるということです。

目の前のこの一瞬一瞬に全力を注ぐのです。

過去を思い煩っていてもしょうがないのです。

もう過ぎ去ってしまったのですから。

過去に起きたことは何一つとして変えられないのです。

愚かなことをし、バカなことを言い、過ちを犯し、しくじりもしました。

けれども、今さらどうしようもないのです。

できることは、そうした体験から教訓を学ぶことです。

過去はいろいろなことを教えてくれます。

過去の辛い体験は、私たちを成長させてくれました。

原因と結果の法則(因果律)の働きも過去から学ぶことができます。

このような過去があるから、今の私たちがあるのです。

まだ来ない未来のことを思い煩うことも無意味です。

なぜなら、まだ私たちの前に訪れてきたわけではないからです。

もし、明日のことを思い煩っているとしたら、それは妄想にしかすぎません。

自分に明日があるのかどうかもわからないのですから。

現実になっていないことを思い煩っても意味がないのです。

私たちが影響を及ぼすことができるのは、今この瞬間だけなのです。

だから、この一瞬一瞬を精一杯生きることが大切なのです。

その積み重ねが、善き未来を創り出すのです。

そして、1日が終わったら、無事に終わったことに感謝するのです。

今日という日は2度と来ないのですから。

1日1日を今日が最後と思って、大切に生きることです。

明日この世を去ることになっても、悔いを残さないように。