「やってやれないことはない やらずにできるわけがない」は、平櫛田中(ひらくし でんちゅう)という明治から昭和にかけての近代日本を代表する彫刻家の言葉です。

この「やってやれないことはない やらずにできるわけがない」には、以下のような全文があります。

『実践実践また実践

挑戦挑戦また挑戦

修練修練また修練

やってやれないことはない

やらずにできるわけがない

今やらずしていつできる

わしがやらねばだれがやる』

「やってやれないことはない やらずにできるわけがない」という部分は、斎藤一人さんがよく行動することの大切さを説くときに使っています。

また「今やらずしていつできる」という部分も、最近TVでよく聴くフレーズに似ています。

「やってやれないことはない やらずにできるわけがない」だけでなく、全文も噛みしめたい名言です。