作者不詳ですが、生きているということはどういうことかを表した詩があります。

生きているということは、誰かに借りをつくること

生きているということは、その借りを返していくこと

誰かに借りたら、誰かに返そう

誰かにそうしてもらったように、誰かにそうしてあげよう

誰かと手をつなぐことは、その温もりを忘れないでいること

めぐり合い、愛し合い、やがて別れのその時、

悔いのないように今日を明日を生きよう

人は一人では生きてゆけないから

誰でも一人では歩いてゆけないから