松下幸之助は和歌山県の裕福な家に生まれました。

何不自由なく育てられましたが、父親がコメ相場に手を出して破産してしまいます。

尋常小学校の卒業を待たず、10歳で船場(せんば)で丁稚奉公に入ります。

兄弟は8人いましたが、松下幸之助が26歳になるまでに親を含めすべて失い、幸之助自身も22歳の時にカタル性肺炎に罹(かか)ってしまいます。

その時の松下幸之助は、次のように決意しました。

「どうせ死ぬのであれば、養生して寝ながら死ぬよりも働けるだけ働いて死ぬ方がいい。

結核にかかった以上、死ぬのは避けられない。

兄二人も結核で死んだのだから、自分もジタバタしてもダメだ・・・。

しかし、ただ寝て死を待つというのは面白くない。

働ける間は大いに働こう」

また、昭和20年、敗戦の年。

松下電器が戦時中に軍の仕事に関わったため、GHQから財閥指定を受けて一切の資産を凍結され、社長の松下幸之助も公職追放の身となってしまいます。

番頭の高橋荒太郎はGHQに抗議するため100回近くも上京し粘り強く交渉し、労働組合も松下幸之助の公職追放を求める嘆願運動を展開し、数年後にこの財閥指定と公職追放は解除されました。

このころの心境を松下幸之助は次のように語っています。

「私は敗戦で一切の財産を凍結された。

さらに仕事もないのに15,000人の従業員を抱え給料を払わなければならなかったりして、日本一の借金王になった。

人生にはどうにもならないこともある。

もう逃げるに逃げられない、死ぬに死ねないということもある」

このような逆境を経て、松下幸之助は経営の神様と言われるまでに成長を遂げたのです。

(参照:『致知』2月号より)