観世音菩薩とは

鎌倉円覚寺管長の横田南嶺さんが、観世音菩薩について以下のように解説しています。

観世音菩薩とは、なんであろうか。

仏教にはたくさんの仏や菩薩がいらっしゃる。

お釈迦さま以外の仏や菩薩は、お釈迦さまの悟りの内容と修行の様子を表したものである。

つまりは、仏さまの悟りの内容を様々な姿で表現したものといえる。

では、仏とは何であろうか。

決して多くの人が思うように「死人」のことを言うのではなく、また単なる仏像でもない。

恩師の松原泰道先生は、「仏とは真実の人間性」だと説かれた。

そして「自分の中に分け入って真実の人間性を開発するのが仏教」だと明示されている。

葛城の慈雲尊者には『人となる道』という著書がある。

仏道とは人となる道にほかならない。

人となるとは、「成人」ということである。

今日18歳成人説も提唱されている。

しかしながら、成人とは何か、改めて考えると難しい。

10代でもしっかりした子もいれば、40、50歳を越えても平気で非常識なことをする者すら多い世の中である。

成人とは何か、大人になるとはどういうことをいうのか。

「自分の行動や言動に責任を持つことのできる人」だと言われる。

最近、ある方が、大人とは「人の苦しみが分かる人」だと言われているのを知って感銘を受けた。

人の苦しみが分かる心とは、それこそ仏教で説く慈悲心であり、その心を具体的な姿に表したのが観世音菩薩でもある。

慈悲の「慈」とは、何かを与えたいと願う心であり、「悲」とは、人の悲しみ苦しみを見て、我が事のように思い、何とかしてそれを救ってあげたいと願う心である。

「観世音」の世音とは、世の音であるが、世の人々の声を表している。

苦しみ、悲しむ人たちの声である。

この「声を観る」のである。

「観る」ということは、単に目だけで見るのではなく、そのような声を全身で見て取ることである。

更には、声にもならぬ声を、全身で感じ取る、汲み取ることでもある。

「仏心とは大慈悲心なり」と『涅槃経(ねはんぎょう)』に説かれている。

(引用:『致知』2016年12月号より)