艱難汝を玉にす(かんなんなんじをたまにす)」という言葉は、西洋のことわざです。

艱難(かんなん)とは、困難に出会って苦しみ悩むこと、逆境などを意味します。

汝(なんじ)とは、あなたを意味します。

玉(たま)とは、宝石や、宝石から転じてすぐれて美しいもの、立派なものを意味します。

すなわち、困難に出会って苦しみ悩むことで、あなたは成長して立派になるのです。

どんな宝石も、原石を磨くことではじめて宝石になるのです。

逆境こそが、人を磨き成長させます。

このことを理解できれば、困難から逃げるのではなく困難に立ち向かうことを選択できるようになります。