尊いのは足の裏である(坂村真民)

尊(たっと)いのは頭でなく 手でなく 足の裏である

一生人に知られず 一生きたない処と接し 黙々として その努めを果たしてゆく

足の裏が教えるもの

しんみんよ 足の裏的な仕事をし 足の裏的な人間になれ

頭から光がでる まだまだだめ 額から光がでる まだまだいかん

足の裏から光がでる そのような方こそ 本当に偉い人である

坂村真民『尊いのは足の裏である』

坂村真民さんは、普段から足の裏に感謝し、足の裏を丹念に揉まれていたそうです。

もう一つ、坂村真民さんの『タンポポ魂』という詩です。

踏みにじられても 食いちぎられても

死にもしない 枯れもしない その根強さ

そしてつねに 太陽に向かって咲く その明るさ

わたしはそれを わたしの魂とする