富士ゼロックスがコピー機を開発した当時のことです。

開発当時は売れると思っていましたが、高価だったため全く売れませんでした。

その時に富士ゼロックスは、顧客の価値は何かを考えました。

顧客の価値を突き詰めていく中で、顧客が求めているものはコピー機ではなくコピーだということに気づき、そこから事業活動を切り替えました。

つまり、コピー機を売ることを止めてコピー機をただで置かせてもらい、使った分のコピー代だけを請求するようにしました。

断る会社は一社もなかったといいます。

これが突破口となり、富士ゼロックスは一気に飛躍しました。

コピー機を売らずに、コピーを売る。

この発想の転換が、富士ゼロックスの今日の発展につながったのです。

(参照:『致知』2月号より)