マインド・フルネスの実践法

アメリカやヨーロッパで注目を集めている「マインド・フルネス」の実践法を紹介します。

マインド・フルネスとは、冷静に自己を見つめるための瞑想法です。

まずは、椅子にゆっくりと腰掛けて腰骨を立てます。

静かに目を閉じてしばらくすると、頭の中に様々な思いが湧き上がってきます。

過去に経験した嫌な出来事が浮かんでくるかもしれません。

しかし、これは妄想です。

頭が勝手におしゃべりをしているに過ぎません。

現実のいま、ここにある世界は、目を閉じて椅子に腰掛けているあなたがいるだけなのです。

頭の中のおしゃべりはそのまま放っておいて、吐く息と吸う息だけに気持ちを集中します。

吐く息に合わせてひとーつ、ふたーつ、みっつ、と数を数えます。

そして十まで数えたらまた、ひとーつ、ふたーつ、と繰り返します。

これは「数息観(すうそくかん)」といわれ、禅宗で古くから取り入れられている方法です。

これを五分ほど続けます。

呼吸に集中していて、妄想が沸いてきたときは、「ああ、これは妄想だ」と客観的に見つめて、意識を呼吸に引き戻すことが大切なポイントです。

新幹線の車窓から外の景色を眺めているときのように、妄想に囚われることなく、客観的に眺めるだけでやり過ごすのです。

妄想に囚われてしまい、「しまった。」、「何であんなことを。」などと感情移入をしないように心がけます。

そうすると、妄想はそのうちに消えていきます。

最初は、妄想に意識が囚われてしまいがちですが、毎日続けていると、次第に要領がつかめるようになります。

マインド・フルネスの実践により、邪念に囚われることなく、目の前のことに意識を集中させることができるようになります。

心ここに在らざれば、視れども見えず、聴けども聞こえず、食らえどもその味を知らず」(出典:『大学』(儒教の経典四書の一つ))

(引用:『致知』2016年12月号より)