イチロー選手の言葉

侍ジャパンの監督を務めた小久保裕紀さんが、イチロー選手について忘れられない思い出があると『毎日新聞』に書いていました。

小久保さんはプロ二年目に本塁打王を獲得しました。

しかし天狗になり、翌シーズンは散々な結果に終わりました。

一方、イチロー選手は3年連続の首位打者へ驀進(ばくしん)中でした。

その年のオールスターゲームでのことです。

外野を二人でランニング中に小久保さんはイチロー選手に聞きました。

「モチベーションが下がったことないの?」

すると、イチロー選手は小久保さんの目を見つめながら「小久保さんは数字を残すために野球をやっているんですか?」と言いました。

イチロー選手はさらに続けました。

「僕は心の中に磨き上げたい石がある。それを野球を通じて輝かせたい」

小久保さんはなんと恥ずかしい質問をしたのかと、顔が赤くなりました。

イチロー選手の一言で「野球を通じて人間力を磨く」というキーワードを得たそうです。